PyCharmの機能をIdeaVimのnormalモードに割り当てる

  • POSTS
IDEにPyCharm、Vim用のキーバインド設定のためにIdeaVimというPluginを使っています。 PyCharmはそれ自体が便利で、機能も豊富で素晴らしいIDEです。今回はPyCharmに備わっている各機能をVimのnormalモードに割り当てるまでの設定をしたいと思います。 今回はPyCharmですが、JetBrains系のIDEであれば同様に設定できるかと思います。 今回は Navigator > Next Method / Previous Method をVimのnormalモードの <C-n / C-p> に割り当てます。 Next Method / Previous Method は、名の通り、今いる位置から次/前のメソッドの行頭に移動する機能です。 デフォルトではCtrl + Shift + Option[Alt] + ↓ / ↑ なので結構押しづらい。 単に当該機能のキーマップを Ctrl + n / p に割り当てることでも問題ないのですが、自分の設定だと、それぞれUp / Downが割り当てられているため、normalモードのみこの機能が効くようにしたい。 .ideavimrc を作成する 通常のVimを使用するときに、 .vimrc を設定するように、IdeaVimでも同様の設定ファイル .ideavimrc があります。 これに通常のVimの設定に加えて、IdeaVim独自の設定をします。 $ touch ~/.ideavimrc .ideavimrc を設定する 以下のようにnormalモードの にそれぞれの機能をマッピングします。 nnoremap <C-n> :action MethodDown<CR> nnoremap <C-p> :action MethodUp<CR> なお、設定できるPyCharmのアクションの一覧は、IdeaVimを導入したPyCharmのエディタ上で、 :actionlist とすると見ること出来ます。