Slack

Chalice(Lambda + API Gateway)を使ってInteractiveComponentを扱うSlackAppを作る

  • POSTS
SlackのInteractiveComponent Making messages interactive | Slack SlackBotでもInteractiveComponent自体を投稿することはできるが(単にattachmentsを付与すれば良い)、アクションのリダイレクト先を指定することができないのでSlackAppを作成する必要がある ※: SlackBotとSlackAppは別物 想定仕様 EventAPIとInteractiveComponentのリダイレクト先に指定するサーバはAPI Gateway + Lambdaを使う Flaskライクに書いたAPIをAPI Gateway + Lambda etc..へデプロイできるフレームワークChaliceを使う SlackAppにメンションを飛ばすとInteractiveComponentを返す EventSubscribe(EventAPI) で app_mention イベントをlistenする RedirectURLは foo-bar-domain/api を想定 InteractiveComponentにはYes/Noボタンを付ける どちらかのボタンが押されたとき対応する文章を返す RedirectURLは foo-bar-domain/api/reaction とする SlackAppの作成 Slack API | Slack でStartBuildingボタンを押すとアプリを作成することができます つづけて、 - BotUserの作成 - InteractiveComponentsの有効化 - Permissionの設定 - chat:write:bot - bot BotUser作成したときに付与される をしておきます。最後にInstallAppすることでWorkspaceへAppをインストールします RedirectURLはデプロイ後、URLが決定したら設定します ChaliceでEventAPI、InteractiveComponentのRedirectを受けるAPIを作る chaliceをインストールしてプロジェクトを作成します AWS Chalice — Python Serverless Microframework for AWS 1.8.0 documentation